最近の研究

風の流れを捉える、操る、そして親しむ
― 観測からシミュレーションより、都市減災および環境問題の解決をめざして

 

研究テーマ一覧

  1. 都市・建築物に対する風のインパクト ―機能性・安全性の維持―

  2. 高層建物に作用するピーク風力のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)と耐風設計への展開

  3. 複雑・複合乱流と大気対流の物理機構とモデリング

    ・都市乱流モデリング
    ・乱流境界層と流入変動風
    ・基礎形状周りの流れの臨界現象

  4. 高層建築物・巨大構造物と風の相互作用 -耐風性能評価

    ・構造物空力制御・制振

  5. 大気に関わる災害予測と危険度評価

    ・台風・突風リスクアセス

  6. 環境乱流力学とその応用

    ・再生可能エネルギーの適合性評価
    ・大気拡散即時予測と避難誘導

  7. 都市・建築における熱環境評価 ー快適生活空間の創出-

    ・実在市街地の熱輸送に関するLESの連成解析 -熱放射・熱伝導モデルの導入-
    ・高層集合住宅の周囲に形成される微気候の解析
    ・パッシブクーリング手法を導入した住宅の建築内外の微気候予測

  8. HPCにおけるシミュレーション手法の選択と最適化

    ・非構造格子とBCM(Building Cube Method)


▲このページのトップへ